<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
踊る浅草。 
今日はコンテンポラリーダンスを見に行きました。

吾妻橋ダンスクロッシングという
その道では有名なイベントへ。

クラブやらには行きますが、
踊っている人にお金を払うのは人生初の体験です。

康本雅子という女性が別格に魅力的でした。
きっと、有名な人か、有名になるはずの人です。

抽象的な評価で申し訳ないですが、
圧倒的な意志が宿った表現は強いですね。
魅せ方まで、必然的に作り込まれています。

見た目が良いとか、
さわりが良いとかってのは以外とどうでもいい話なのかもしれません。

一緒にいった子は、別のダンサーのパフォーマンスに
引っ張りだされ、黒タイツをかぶって20分位踊らされていました。

笑いあり、感慨あり、無味もあり、良いイベントです。

踊るって、音楽とすごく近いところに
いる表現だからもともと興味もありました。

今日も勉強になったし、
やっぱり感情が動かされるっていいなー。
| - | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0)
右往左往。 


初めてだから優しくしてね・・・。
そんな事いってられまへん。

そんな最近。

少々キャパオーバーを起こしながらも、
自分が仕掛けた事やから嬉々としていたりもする。

小さなバケツが表面張力ヒタヒタで
たまにこぼれている感じ。

お願いだからパンクしないで
今月の自転車操業状態。
乗り切っておくれと自分に言い聞かせます。

そんな事いってると、簡単に壊れてしまうので
スケジューリングもし直すべし。

きっと、成長するやろし
絶対に楽しくなると思う。

速くなるし、しなやかになるはず。

いやしかし、アタマがカッカしますわ。
フラットを保たねば。

ひたすらに独り言。
| - | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0)
女子化。 


六本木にあった
Lushという
せっけん屋で
おしゃれせっけんを買いました。

ひとかたまり500円。
おしゃれ代。

なんだか毎晩、風呂場にいくたびに
不思議な気分になります。

なんだろう。

そうそう、初めて女の子の一人暮らしの家を
訪ねた気分でした。

良い匂いのする男子の家は、恋の哀愁も漂っているのです。

あー阿呆だな。
| - | 01:16 | comments(2) | trackbacks(1)
発熱。 
昨晩、蕎麦を食っていたら
急に腰が激痛。

食べ終わったら
急に寒気。

39度出てました。

なかなかつれー。
| - | 21:30 | comments(4) | trackbacks(0)
飛散してます。 
最近物産展て流行っているじゃないですか。
なぜか代官山で、奈良の物産展がやっていました。

そこで
その名も『白髪』という、日本一細い素麺を買いました。
マクドを我慢して、1束420円の高級品を。
奈良名産です。

今日、やっと頂きました。
総合的にまーまーです。

これで気付いたんですが素麺は、細いことより
どんな出汁と一緒に食べるかのほうが重要なのかもしれませんね。

賞味期限切れのめんつゆパワーに負けていましたわ。

んー、
麺と出汁はセット売りにした方がブランドが作れるかも。
| - | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0)
休日。 
半日あれば、色々と出来るもんです。

■キッチン城山@浅草に行ってきました

オムライスと、ハンバーグと
愉快な夫婦がいる洋食屋を近所に見つけました。
誰か泊まりにきたら毎回つれていこう。

■国立新美術館@六本木に行ってきました

黒川紀章デザインの美術館とは。
知らなかったけれど、世界中の都市デザインをしている大物なんです。
今もシンガポールや重慶の都市計画、
日本中の美術館の設計をしています。
さらに、茨城の海上都市計画、東京大改造計画、三重の高床式住居群計画・・・
デザインとリアリティにワクワクさせられる展示が今されています。
この展示が無料。いってみてください。

さらに、41年間フランスで3つ星を取り続けている
ポールボキューズというレストランが美術館内に出店。
安い。
食っていませんが、えらい行列でした。

魅力の多い美術館ですね。
居心地もとても良かったです。

■十々@西麻布に行ってきました

休日に初めて焼肉を食いました。
美味しいです。
それ以上でも以下でもないので引っきり無しに人がはいってきました。
この辺りは勝ち店と負け店がハッキリしているようです。

■森美術館@六本木に行ってきました

グレゴリー・コルベール展。
1万円払っても見に行った方が良い価値のある映像と写真が見られます。
動物と人間の、信じられないレベルでのコミュニケーションを
目にすることが出来ました。
久々に、心から感動。

■東宝シネマ@六本木にいってきました

とはいえ、映画は見ていません。
ここのキャラメルポップコーンを買いにいっただけですが。

言葉が色々と足りませんが、なかなかに良い一日です。


| - | 01:48 | comments(2) | trackbacks(2)
コトバッティング。 
すごいコピーは風化しないですね。

出張も
おいしいビールで
旅になる

うーん。
素敵。
| - | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0)
人格。 
部屋を見ればそのヒトの
アタマのなかが見えるとか言いますね。

やっと綺麗になりました。

散らかったり、
綺麗になったり。

毎日の換気だけは欠かさないようにしています。
| - | 01:42 | comments(0) | trackbacks(0)
impossible? nonpossible! 
不可能ではない、という伝え方って英語で出来るのでしょうか?

いや、それって可能ってことやんて話になってしまうのかしら。

英語に堪能でないだけに、良くわかりません。

可能性の話を書こうと思ったら、
そんな事を閃いてしまいました。

自分の仕事の価値ってなんやろう。
日々、問います。
悩んでいるわけではなし。

今日は、ひとつの価値発見。
『可能性を見つけ、可能性を見せつけ、可能性を追う』
ことかな、と。

君には可能性がある!って言う上司がいます。
でも、可能性の先には何があるのでしょうか。

それに対する明快な答えを僕は持ちあわせていませんでした。

きっと可能性があると信じ、可能性を感じた瞬間こそが
必要な時間であり快感だからだと思います。

上司が伝えたいのは可能性の終着点ではないのです。

ある少年がプロ野球選手になれる才能を持っています。
彼にとって必要なことは、
その才能の一端を見つけてあげ、
本当にすごい事だと見せつけ、
追わせてあげること、あるいは一緒に追いかけてあげることではないでしょうか。

可能性は人に平等ですね。
見つけられた人もいれば、
見つけられないと嘆くひともいます。

ひとりで見つけた才能も大事。
でも、そんな人あまりいません。

誰かが見つけてくれた才能や可能性はとっても貴重かもしれません。
大事にしてくれるかもしれません。

僕はそんな仕事をしていたいです。

いつの間にか才能と可能性がごっちゃごちゃ。
どっちでもいいです。

だから、僕に根拠の無い自信があったとしても
何も卑下するこたーない。

可能性があるんだから。
| - | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0)
広末さん。 
影のある表情をかもし出した瞬間にたまらなく恋してしまいます。

だから、僕にとっては
shosho、soso、残念なキャラ設定。

明るくあっけらかんとした女の子役の広末さんが主役、
バブルへGOという映画を見てきました。

10分に1回くらいのタイミングで
クスッとシュールな笑いを入れてくる映画です。

監督とかスタッフがどーとかじゃなく、
企画一本をそのまま作ってやったノリが映像になってしまっています。

作品としては予定調和の残念さというのでしょうか。
会議室のホワイトボードに書かれたであろう、
企画ネタ以上のものはきっと何もありません。

バブル世代のおじさんたちが
ターゲットてわけでもないと思うのです。

僕は未だに
映画には感動を求めています。
なので、時代背景を共感ドコロにもってこられると
正直つらいすね。

結局、広末さんやから僕はOKということで。

関係ないですが、
ワーナーブラザーズの映画館に
キャラメルポップコーンがないのがむかつきます。



| - | 00:02 | comments(2) | trackbacks(0)
qrcode