<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
関西人の胃を裏切らないうどん屋/『山長』@恵比寿 
一昔前に、東京ラーメンブームがありましたよね。
その頃は関西にいて、ちちんぷいぷい(関西の人気番組)で
ぼやーっと見てたわけですが、なんでこんなに並ぶんやろ東京の人って。と関心していました。

確かよくテレビに出ていて代表格!みたいな扱いをされていたであろう
恵比寿のつけ麺ラーメン屋『阿夫利(AFURI)』の裏手、
たこ公園に面したところに『山長(やまちょう)』という、うどん屋が去年できました。

オススメポイントをとりあえず10個ほど。

ヾ慇症うす味(かつお)であること
△Δ匹鷁阿任呂覆、ルーツが大阪の鰹節問屋なので「ダシ」が美味しい(本枯節使用)
ダシが旨いから、サブメニューのおでん等にも驚愕、喉も渇かない
い曚楞乾瓮縫紂竺阿譴覆
ィ裡錚瑤洒落高級プライス
Δ里姫曚靴魯張襯鵝▲轡灰轡海了彰瑤丹波らへん風
Г洒落すぎない和風寛ぎインテリア、落ち着くー
┘献礇困流れてる(私情)
ビール〜日本酒、焼酎まで色々ラインナップ
朝の4時までやっている

お腹が空いて駆け込んでもよいし、
呑みの後にいってもよいし、
呑みにいってもよいし、
なんでも良いところです。

誰かと一緒にいって優柔不断モードに入るなら、
うどんでは珍しいつけ麺方式「山長うどん」がいいと思います。

冷たいシコシコ麺がザルに盛られてきて、
ダシに自分流に薬味&オカズをトッピングしていくスタイル。

お皿に盛られたトッピング選手はすごく魅力的、
茗荷や白胡麻、揚げ玉といった定番に加えて
きんぴらゴボウや、湯葉、菜の花、筍など季節によって違うであろう
すごくヘルシー&旨い系が勢ぞろいです。

冷たいのは体が冷えて・・・、という方がいたら
「九条ねぎと牛スジのうどん」をオススメしてみて下さい。

関東に比べて、牛スジを食べる文化が根付いた関西ならではのメニューです。
甘とろな牛スジとネギの香りが、あったかーいダシに溶け込んで、
ついつい最後まで飲みきってしまう魅力が、体をぽっかぽっかにしてくれます。
天ぷら系のメニューもそういえば美味しそうでした。

僕は3回行きました。
一緒に行った、舌の肥えているであろうカメラマンやデザイナー、スタイリストの
皆々さまも大満足していた?ので、味は間違いないと思います。
今のところ、10数名の票を獲得。

メインターゲットは、きっと女性。
しかも恵比寿みたいなところにうろちょろしているから、
そこそこ舌も肥えて、引き出しも多い、感度の高いひとたち。
みんな服装も小ぎれいだしたねー。
彼女たちをリピートさせているであろう安定したクォリティは脅威です。
宵の口に近づいてくると、界隈で呑んでいたであろう人たちが
集まってきて絶妙の雰囲気になっていきます。

恵比寿に仕事のお客さんがいるので、
しばらく通いそーだなー。
昼は、丼とのセットがあるらしい。ズルっ(舌なめずり)。

080418
| Tokyo案内 | 19:52 | comments(2) | trackbacks(3)
好循環。 


ジブリの森へ。

ムシキングが好きな少年、少女も宮崎駿ワールドにとっても夢中。
なんて素敵な影響力なんでしょうか。

トトロ最強だわね。

そんな事言っているカワタもとても心躍りまくり。
ラピュタじゃなくてトトロ派です。

ちょっと現実的になっている方は、逃避しにいってはいかがでしょうか。



| Tokyo案内 | 02:02 | comments(2) | trackbacks(0)
qrcode